Milanを拠点に 今回は、3社の紡績会社、3都市をまわりました。
まずは 1日目ビエモンテ州 Biella
世界的に有名な繊維の街。
ミラノから車で1時間半、左斜め上。
アルプスの麓に構えるbiellaの街は古くから高級生地の生産が盛んで、今なお世界各国に発信。
アルプスから湧き出る良質な水が神の水といわれています。
世界的に有名なロロ・ピアーナやコロンボ社もこの町に古くからあります。
真っ白な山々の風景に感動しながら
オフィス、紡績工場、染工場
まわり しっかり勉強しました👍
このメーカーは ソーラーによる自家発電で工場をまわしていたり徹底したエコロジカルな動きをしています。
流石、ドイツ🇩🇪本体会社です‼️

2日目はBERGAMO
世界が認めるリネンの老舗紡績会社 Linificio
1873年からベルガモの地で150年続く
技術と実績、ものつくりのプライドを持つ会社です。
2018年には イタリアの文化勲章的、
PREMIO 100 ECCELLEZE ITALIANE を受賞
繊維製造業では唯一の受賞です✨✨✨

艶やに細く、時間をかけて紡績されたLINENの糸を
2018年に続き今年も5/8にBacidue💗でお届けします
こちらの糸を贅沢に使ったLINEN100%のニットです😊

自然の力をかりて時間をかけて糸となる部分を取り出し
ゆっくりと慎重に何度も何度も時間をかけて繊維状にしていく

自然力、太陽と雨の力
昔ながらの製法、人間力、技術と塩梅。
リネンを愛する方々が創り上げるこの糸。
かかわる方々のプライドの結集だな と感じました。
感動です‼️

糠澤 典子

3日目はPIACENZA
高級コットンヤーンを創るEmilcotoni。
名前の通り、綿に関しては世界的に有名なイタリアの糸メーカーです。
世界的にアパレル業界で知らない方はいない、
”一度はここの糸が使いたい!”と思われてるメーカー
今回 訪問して CEOのMr.Fabrizioはじめ このメーカーのスタッフの方々の心意気、良いものを創っていこうとする姿勢、みんなで協力しあって創っていく協調とリスペクト。
それが とても強いエネルギーで ここのメーカーの根本にあることが感じられて、本当に気持ちが良い 打ち合わせとなりました。
今後も ここのスタッフの方々が自信をもって創りあげているEmilcotoniブランドの糸を使っていきたいなと思いました✨
そして なんと‼️
Emilcotoniの糸を使って
今週 3/21の木曜 剛さんブランドSpinBlueで ショップChにてギザのガスドコットンのKNITを4型 新作 お届けいたします。信じられないくらいのプライスで登場しますので、3/21のみの特別プライス お見逃しのないように😊😊😊
大和田 剛